ホーム > 製品紹介 > キーボードコンバーター
    Keyboard Converter


 


Keyboard Converter 98 to AT

Keyboard/Mouse Converter AT to 98


使い慣れたキーボードにこだわる方に、お薦めのアイテムです。

98 to AT は PC-9801/9821 キーボードで DOS/V パソコンを
AT to 98 は PS/2 キーボード、マウスで PC-9801/9821 パソコンをそれぞれ操作出来ます

下の各画像をクリックすると拡大画像でご覧頂けます

98toAT ATto98
98 to AT
AT to 98



使用方法
 
98 to AT   IBM-PC/AT(互換機含む)の PS/2 キーボードコネクタと PC-9801/9821 キーボードの間に、本製品を挿入することで PC/A T機を違和感なく操作出来ます。
変換されるコードは 106/109 日本語か 101/104 英語です。
更にキーボードエミレーション機能により「 CTRL+XFER 」の様な複合キーにも対応しています。
 
AT to 98   NEC 製 PC-9801/9821 シリーズと PS/2 キーボードおよびマウス間に、本製品を挿入する事で PC-9801/9821 パソコンを違和感なく操作できます。
更にキーボードエミレーション機能により「 Shift + Ctrl + ひらがな」の様な複合キーにも対応しています。




対応表
 
98 to AT AT to 98
接続
キーボード
NEC 社製
PC-9801/9821付属キーボード
(98標準キーボード)
106/109 日本語キーボード
101/104 英語キーボード
各準拠キーボード
接続
マウス
サポートなし IBM PS/2 マウス
PS/2 互換マウス
対応
OS
PC-DOS,J6.3/V,
MS- DOS6.2/V
Windows3.1/95/98/
NT4.0WS/2000/XP
MS-DOS5.0/6.2
Windows3.1/95/98/Me
NT4.0WS/2000
寸法
重さ
W96 ×H28×D50(単位:o、ただし突起含まず)・おおよそ100g
商品
構成
アダプタ本体 (1個)
パソコン接続ケーブル(PS/2)1本
取扱説明書
製品保証書
アダプタ本体 (1個)
パソコン接続ケーブル(ミニDIN8P、9P各1本)
取扱説明書
製品保証書
制限
事項

本製品では受信したデータに必要な処理を行い、その後に送信するため、必ず遅延時間(一般的な英数字キーで数ms程度)が発生しますので、リアルタイム性を必要とするアプリケーションなどではご注意ください。

IBM用キーボードとPC-9801/9821用キーボードではキースキャンコードやリピートなどの動作仕様が異なるため、変換入力が出来ないキーや、リピートにムラが出るなど、ゲームなどの一部のソフトウェアでは不都合が出る場合があります。

パソコンからのキーボード制御コマンドの一部は、このアダプタによって変換されたものを送信していますが、希に送受信が競合することがあり、キーボードが正しく動作できなくなることがあります。このような症状が出た場合はパソコンのリセットや 電源を切った後に再起動などの処理が必要となる場合があります。

キーボードコンバータ起動時、キーボード初期化などの内部動作により、この間のキー入力などは受け付けません。

テンキー部の入力(数字またはカーソル)はパソコン側の状態に依存します。(98toAT)

101英語設定でのカナは正しく入力できません。(98toAT)

マウスで変換されるのは左右の2ボタンのみで、ホイール機能などは変換できません。(ATto98)

98toATではPC-9801/9821付属の標準キーボードのみ、ATto98ではPS/2キーボードとPS/2マウスのみサポートしており、これら以外の機器(他のキーボードやマウス、バーコードリーダなど)はサポートしておりません。

PC-9801/9821キーボードとPS/2インターフェースは、排他制御を行っておりませんので、同時に入力動作などは出来ません。(ATto98 Plus1)
 


取扱説明書
 
商品同梱の取扱説明書を PDF ファイル化してあります。
ご覧頂くには、Adobe 社の Acrobat Reader が必要です。
Acrobat Reader
 
Keyboard/MouseConverter 98toAT (第2版) 106KB
Keyboard/MouseConverter ATto98 (第3版) 282KB


その他
 
キーボードの機能変換表
取扱い上のお知らせ




ご注意
この資料に記載されている会社名、製品名などの固有名詞は、一般に各社の商標または登録商標です。
この資料の内容は、予告なく変更されることがあります。また、本製品の仕様などは改良のため、予告なく変更されることがあります。






 


    HOME    
    BACK    
    Contact Us    


(C) 1995-2004 OBJECT Co.,LTD
Copyrights of the all pages under this (//www.object.co.jp/*) are owned by OBJECT Co., Ltd.